教員の共済組合と各団体組織の違いについて把握しておきましょう!

教員の周りには色々な団体組織がありますが、

「数も多くて違いについてあまり把握できていないよ!」

という方もいらっしゃるかもしれません。

団体組織が多いのは、比較的教員は福利厚生が手厚いといわれる所以でもあります。

今回は、教員の周りにある団体組織の違いについて比較してみていきます。

教員の核となるのは共済組合

教員の核となる組織の一つに、

共済組合

があります。

これは、保険証をはじめ、産休や育休、病気休暇など、身の回りのことについてお世話をしてくれる団体組織のことを言います。

・産休の手続き

・高額療養費の手続き

・病気休暇の手続き

等、全て共済組合が行います。

共済組合は、教員の種別により異なります。

何か身の回りの生活において困った際は、学校の事務員さんを通じて所属する共済組合に手続きを行うという流れになります。

公立学校共済組合

公立学校共済組合は、全国の公立学校の先生が所属する組織団体です。

この共済組合については、HPの活用など、以前にまとめたブログでも案内しているので、こちらの記事もあわせてご覧ください↓

公立学校共済組合のHPは見てますか?保険や年金の手続きがわかります!

2019年1月10日

私学共済組合

私学共済は、文字通り、全国の私学教員が加入する組織団体です。

正式名称は、

「日本私立学校振興・共済事業団」

になります。

文部科学省組合

文科省組合については、主に独立行政法人に所属する教職員が加入する組織団体です。

例えば、国立大学は独立行政法人なので、そこに勤めている教員は文科省組合となります。

各団体組織について

以上が教員の主な共済組合ですが、共済組合が核となる団体になり、その他は補完的な役割となる団体、あるいは民間団体となるので、

大きくは共済組合かそれ以外かの団体で区別してもらえれば分かりやすいと思います。

以下、それ以外の団体組織を見てきます。

補完となる互助組合について

1つ目が互助組合です。

これは、このブログでもたびたび出てきますね。

地域によって取り扱っている事業は異なりますが、共済組合を補完するような役割を果たし、

産休や医療費補助等、給付金を出す団体組織としての各自治体にあります。

また、互助組合は退職後も継続して加入することができるので、そのような点でも公立教員は手厚いサポートを受けることが可能になります。

こちらの組合についても、以前こちらの記事にまとめていますのであわせてご覧ください↓

教職員が入る互助会の仕組みとは??退職後も入れる!?

2019年7月20日

また、退職後の互助組合に関する継続加入検討についてもこちらの記事にまとめていますので、セットでご覧くださいね↓

公立教員の退職後を支える医療制度(互助組合)について

2020年8月9日

教職員共済生活協同組合について

2つ目は教職員共済生活協同組合です。

いつも耳にする教職員共済の団体組織名称ですね。

教職員共済の商品については、これまでもこのブログで数々取り上げてきました。

こちらは保険事業を取り扱い、

・生命や医療

・年金

・自動車

等、

各共済保険を取り扱っています。

この共済保険については、全国の教職員全てを対象にしており、教員であれば加入することが可能です。

また、教員の家族も加入することが可能なので、できるだけ保険を割安で加入しておきたいということであれば、

家族で教職員共済の共済保険に加入するのも良いでしょう。

一般財団法人教職員生涯福祉財団について

3つ目は、一般財団教職員生涯福祉財団です。

あまり聞きなれない団体ですが、国・公・私立学校の教職員向けに提供している、

アイリスプラン

を提供している団体組織になります。

アイリスプランについては各学校にパンフレット等で案内が来ていると思いますが、

教職員共済と同様に、経済生活支援事業として保障にかかわる団体保険として提供しているということですね。

団体保険扱いなので、民間の保険会社で加入する保険より当然割安で加入することが可能になります。

ちなみに保険の加入を検討する場合、民間の保険と所属先に団体保険があれば、まず所属先の団体保険を優先して検討するのが正しい検討手順となります。

なぜなら、先ほどもお伝えしましたが、

割安

だからです。

保険については、保障を確保しつつ、出来るかぎり月々の保険料を押さえて加入するのが理想です。

団体保険を検討せずに、いきなり民間の保険会社が取り扱う保険に加入するということのはもったいないので、

教員の場合は、まずはアイリスプランのような身の回りにある団体保険を優先して検討してくださいね!

ちなみにアイリスプランについては、こちらの記事で詳しくまとめていますのであわせてご覧ください↓

教員を対象にしたアイリスプランってどうなの??

2020年7月23日

まとめ

今回は、共済組合とその他各団体組織を比較してみていきました。

各団体の違いを把握するためには、必ず加入する共済組合を核にして、それ以外の団体組織があるという認識で大丈夫です。

保険に加入しない方は、それ以外の団体組織には関わらない可能性も十分あるので、大まかに把握しておけばよいでしょう。

下記のメルマガでも詳しくお伝えしています↓

↓↓↓↓↓↓下記より詳しく↓↓↓↓↓↓

教員向けの保険についてより詳しく学んでみませんか?


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください