公立学校共済組合のHPは見てますか?保険や年金の手続きがわかります!

公立学校共済組合について、皆さん詳しく調べたことってありますか?

公立の教員であれば、公的医療保険を受けるための組合が公立学校共済組合になりますよね。

今回は、この共済組合について見ていきたいと思います。

公立学校共済組合について

公立学校共済組合とは、全国の公立学校の教職員やその家族の生活にかかわる医療やお金、福祉などに関して事業を行なっている組合の事です。

公立学校の教員の場合、健康保険証に明記されているのがこの共済組合であり、

公的医療関係はすべてこちらが管理していることになります。

医療面だけではない

もちろん、健康保険証に明記してあるので、医療保険のみと勘違いされやすいのですが、

生活に関わるあらゆるサポートを受けることができるのも特徴の1つです。

例えば、新しく家を購入したり結婚などで多額のお金が必要になった時など。

貸付事業も行っているので、組合からローンを組むこともできるんですね。

その他の事業

また、医療や貸付だけでなく、

・年金

・保健

・宿泊

といった多岐に渡ることから、利用できる機会があれば、ぜひ検討してみたいところだと思います。

もちろん、最後の宿泊などは全国全ての都道府県にあるわけではないですが、

安くで泊まれる利点があるので、一度見てみる価値はあると思います。

専用ページについて

ところで、公立学校共済組合のHPはご覧になった事はありますか?

公立学校共済組合

HPでは、それぞれの事業概要の案内はもちろんのこと、支部ごとに組合が提供している事業手続きの用紙もダウンロードして使うことが出来ます。

例えば、貸付事業であれば貸付申込み書や住宅ローンの税金控除を受けるための年末残高証明書の申請書など。

また、宿泊事業においては、それに対する補助券の申請用紙なんかも用意してあります。

使ってみれば分かりますが、とても便利です。

こちら、都道府県全ての支部が共通で見ることが出来ますので、

自身が所属している支部のページに飛んで頂いてから確認してみて下さい。

さらに、ここには実は、教員個人それぞれの専用ページがあります。

既にログインされている方もいると思いますが、医療や傷病手当金の請求、

それこそ上記であげた貸付事業の手続き等も、こちらにログインする事で概要がわかります。

広報誌の確認もできる

また、ログインすることで組合自体で発行している広報誌の1つで、

「教職員のための共済フォーラム」

というものがあり、これも過去のバックナンバーを見返してみることが出来ます。

具体的には、共済組合の活動であったり、教職員が必要とする手続き(年金や退職の手続きなど)を特集で組んでたりします。

ぜひ、覗いてみて下さい。

ちなみに、ログイン方法はとても簡単で、健康保険証が手元にあれば、生年月日の入力も含めてすぐログイン出来ます。

見るだけでも十分価値あり!

基本的には手続きのために参照することが多くなると思いますが、

手続きだけでなく、教職員共済の商品パンフレットや年金に対する備え方など、見るだけでも十分勉強になります。

共済組合ホームページはとても見やすく作成されていますから、見たい事業をクリックするだけで、必要十分な情報を得ることが出来ます。

まとめ

今回は、あまりアクセスすることが少ない公立学校共済組合のHPをメインにしてみました。

実際見てみると、自分のことだけでなく、共済の仕組み自体も勉強になるので、個人的にはとても良く作られたHPだなと感じました。

支部ごとにページも用意してありますので、

所属している支部のページに飛んでもらってから確認して下さい。

けど、忙しくてHPを見る時間もなかなか取れない人もいると思います。

そんな時は、学校に配られる広報誌からでも良いですので、

共済組合が行なっている事業やサポートを参照して、積極的に利用していって下さいね!

きっと役に立つはずですから。

また、下記のメルマガでも、共済組合の動きについては随時配信していますので、

良かったらこちらからも情報収集してみて下さい!

↓↓↓↓↓↓下記より詳しく↓↓↓↓↓↓

教員向けの保険についてより詳しく学んでみませんか?


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください