忙しい教員が家計改善をする際の正しい手順について

最終更新日時: 2022年5月21日

こんにちは。

ファイナンシャルプランナーの山下です。

日頃から忙しい教員は、お金の事についてあれこれ考える時間がないのは仕方のないことですが、将来少しでも安定した資産構築を行っていくならば、やはり早いうちから手を打つに越したことはないですね。

今回は、忙しい教員が行いたい資産形成の正しい手順について見ていきます。

教員は忙しいからこそ大切にしたい給与収入

日頃から教員は忙しいため、なかなか家庭内に目を向ける余裕はないかもしれません。

しかし、忙しいからこそ、汗水垂らして働いたのちに頂く給与については大事に確保していきたいもの。

せっかく働いて稼いだ貴重な収入です。

手を打たずに生活し続けることによって無駄な支出のために消えていくのは悲しいですよね。

このブログや別で発行するメルマガでは、iDeCoをはじめとした積立投資等の早めの仕組み作りを推奨しますが、仕組み作りをするのと同時、もしくはそれを行う前提として初めにしておきたい事があります。

資産形成は正しい手順を踏むこと

まず家計において初めにしておきたいのが、

支出の見直し

です。

ここを適正なものにしておかないと、いくら収入が増えたり、あるいは完璧な仕組み作りをして貯蓄をしていこうとしてもなかなか上手くいくことはないです。

例えば、近年で言えば副業による収入に注目が行くようになってきています。

「複業」

という言葉もあるように、お金が入る選択肢が広がると、当然手に入れるお金の量も増えるわけですがここに焦点を当てすぎると家計の循環は上手くいかなくなります。

手順を意識すること

つまり、

収入を増やす前に支出の最適化を図るという手順を踏む

ことが大事であるということですね。

なお無駄な支出を適正化するには、

・家計簿をつける

・現在の支出を列挙する

・固定費を列挙する

等の手段があげられます。

上記について、どのような選択肢を取ると良いのか?

日々仕事に追われる立場である教員としては、現状そもそも自分の時間を取りづらい職業です。

場合によっては土日もなくなってしまう。

出来る限り実践可能なものを考慮して、教員という職業の立場から考えてみます。

家計簿を付けるのが大変という場合にとる方法は?

教員という職業が忙しい以上、その忙しさに見合った対応を取る必要があります。

そのため、忙しい仕事の合間を縫って1つ目の「家計簿をつける」という方はほとんど実行できない項目のように見えます。

日々の仕事に追われる場合、休みの日ぐらいは何も考えずにゆっくりしたいですよね。

家計簿は完ぺきに出来れば理想ですが、とにかくこのような日々の記録は継続が大事

1か月、2か月なら対応可能かもしれませんが、長期で見ると継続しづらいものといえます。

では、どうすれば支出の最適化を労力をかけずに出来るのか?と考えた場合、肝になるのは3つ目の

固定費だけでも列挙する

があげられます。

固定費は毎月出ていくもの

固定費についてだけでも列挙することで支出の最適化を図りやすくなります。

なぜなら固定費は、

毎月一定額が定期的に出ていくもの

なので、ここに手を入れないと延々にお金が流れ出る事になるからです。

ここを改善すれば、お金の垂れ流し状態を防ぐことにつながります。

ちなみに固定費の主なものは、

・住居費

・通信費

・保険料

・各種サブスク契約費

等があげられ、ここに手を加えることで支出の多くは改善する事が出来ます。

固定費だけと限定すればすぐに列挙できますね。

住居費は引っ越しあるいは住宅ローンであれば借り換えの検討を考え、通信費も同じようにキャリアチェンジの検討。

また、保険料についてはこのブログや別途発行するメルマガ等で取捨選択頂き、各種サブスク契約で必要なものかどうかをしっかり検討してみる。

例えば、教員の保険料についてはこちらの記事など↓

教員は医療保険の必要性が低い?医療費のために出来ることとは?

2019年1月19日

このあたりを中心に手を加えていけば必然的に支出の削減につながり、これらを最適化してようやく安心した資産構築を行う事が出来るようになります。

固定費だけでも列挙するというのは10分もあれば出来ます。

忙しい教員でも休みの日10分程度であれば家のことに関心を向ける時間単位になるので、ぜひ洗い出してみて下さいね!

まとめ

今回は資産形成を行う上での正しい手順について見ていきました。

普段よく仕組み作りの話をしますが、それをするのと同じくらい、もしくはそれより前に支出の最適化を図ることがとても重要になります。

収入が多くなっても支出が適正なものでなければ垂れ流し続けるだけなので、まずはその点を改善する事が重要になります。

支出が上手く整った段階で仕組み作りを本格化すれば家計のお金に関する循環を良くなってくるので、今回のような手順を大事にして考えて実行してみてくださいね!

↓↓↓↓↓↓下記より詳しく↓↓↓↓↓↓

教員向けの保険についてより詳しく学んでみませんか?


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。