家計を助けるこんなレンタルサービス知ってますか?

近年、レンタルサービスが充実しています。

レンタルと言えば、本、CDやDVDなどがすぐに思いつきますが、それ以外にもレンタルサービスは多岐にわたっています。

家計を助けるサービスになりそうな、そんなレンタルサービスを見ていきたいと思います!

レンタルサービスの利点

多様なレンタルサービスが普及する中、昔からあるレンタカーであったり、着物レンタルなど堅調に維持しているものもあります。

レンタルサービスの利点は、安くて使いたい時にだけ使うという点があります。

車を頻繁に使わず、週末だけでいいよ!という人は、レンタカーや、最近でいうとカーシェアリングなどを利用して生活していけば良いでしょう!

また、レンタルという言葉の使い方はしませんが、よく持ち上がる議論として、持ち家と賃貸マンションがありますが、これも賃貸マンションは、いわば家のレンタルです。

どちらがいいかというのは、良し悪しがあるためここでは深掘りしませんが、賃貸マンションならではのメリットはありますよね。

家賃のみ、ローンを組まないといったメリットもあり、レンタルの特徴を備えたものと言えます。

こんなレンタルがある!

最近は、レンタルサービスの拡大が広がりを見せています。

内容を知っておくだけでも、生活における幅が広がります。

以下、便利なものをあげてみたいと思います。

物置シェアサービス

物置シェアサービスはご存知でしょうか?

最近になって始まったサービスですが、その名も「モノオク」と言います。→モノオクサイトはこちら

スペースを借りて、荷物を置くサービスなんですが、いまいちピンとこないかもしれません。

このサービスは、家のスペースが空いている人と、家に荷物など保管するスペースがなく、倉庫のようなイメージでスペースを借りたいという人が、相互にマッチした時に成立するサービスです。

家のスペースが空いている人というのは、例えば、二階建ての一軒家に住んでいるけど、上の二階部分は子どもが自立して使わなくなっているから、スペースとして貸し出しても良いかなというような人がこれにあたります。

また、スペースを借りたい人というのは、アパート、マンションに住んでいるけど、家に荷物を置くスペースがないなどの状況の人です。

貸す側はスペースの有効活用ができ、しかも副収入になる。

また、借り手もレンタルボックスを借りるより手軽に安く置くことができるので、お互いにメリットがあります。

一般的なレンタルボックスは、月々の費用が高かったり、最低1ヶ月は契約しなければなりまん。

しかし、このモノオクは、数日、数週間という単位でスペースの貸し借りが出来ますので、とても融通が利きます。

利用者がまだまだ少ないですが、スペースがあって、副業として稼ぎたいなと考えたら、考えてみる価値は十分にあると思います。

レンタルスペース

これは、上の物置と違い、空いているスペースをイベントや事業として使いたいという場合に利用するサービスです。

たとえば、

「土日だけ教室を開きたい」

「カフェ経営を副業としてやりたいけど、お金がないから、最初は週末だけ開業するための場所が欲しい」

「誕生日会や歓送迎会、女子会などのイベント事がしたいから場所が欲しい」

など、スペースの需要はいくらでもあります。

家でやるようなパーティーも、今では、実際に飲食店を貸し切ってするなど、とてもスペースの有効活用が目立ってきています。

スペースの活用サイトで有名どころはこちらの方に貼っておきますね!

→スペースマーケットサイトはこちら

→軒先.comはこちら

ウォーターサーバー

よく見る、家に設置するウォーターサーバーですね。

これはサーバーのレンタル料は無料ですが、月々の水代と電気代がメインになります。

家計のことを考えると、このウォーターサーバーはしっかり検討する必要があります。

つまり、月々の水道代やペットボトルを飲む状況など、水にお金をかけている家計はウォーターサーバーと比較する価値があるかもしれません。

しかし、ペットボトルをあまり買わず、水にかけるお金が高くない家計は、無理しないように注意が必要です。

基本的には、サーバーにお湯と冷水機能がついてますので、電気代も無視できません。

健康のことを考えたら、水にお金はかけた方がいいですが、家計が苦しくなるほどにかける必要はないので、家計改善につながりそうなら考えてみて下さい!

服飾関係のレンタル

一つに服飾関係とまとめてみました。

洋服関係のレンタルと言えば、主に高価な着物などしかありませんでしたが、今では、高価なものは手軽に短期で利用するという時代に変わって、スーツやドレスのレンタルも多くなりました。

断続的にある冠婚葬祭の場面は、スーツやドレスをわざわざ買わなくてもその時だけ借りることができるという事です。

また、単体で借りるだけでなく、セットでのレンタルもあります。

例えば紳士服AOKIのような服飾大手が、月額7800円で、スーツ、シャツ、ネクタイをセットで貸し出しサービスを行っています。

このレンタルも好評で、会員数も年々増えているようです。(平成30年7月10日日本経済新聞より)

特に、スーツの中でも、礼服は高価なものです。

にもかかわらず、1年にあるかないかの頻度で、そのために家に置いておかなければならないというデメリットもあります。

そういった点を考えると、このようなサービスを利用する利点は十分あると考えられます。

それが、結果的に会員数の拡大につながっているということですね!

まとめ

今回は、レンタルサービスを中心に見ていきました。

家計の改善に役立つものから、もしかしたらビジネスとして活用できるものまでご紹介させて頂きました。

レンタルサービスは、物によっては非常に有効活用できるサービスです。

買うことと、レンタルすることではお金にかける費用が全く変わってきます。

物を買うのも良いですが、家計に優しいレンタルサービスも活用してもらいたいと思います!

↓↓↓↓↓↓下記より詳しく↓↓↓↓↓↓

教員向けの保険についてより詳しく学んでみませんか?


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください