保険料を節約して加入する方法とは??

保険に加入する際に、毎月保険料を支払うというのは、家計にとってそれなりに負担がかかるのものです。

しかし、保険料を節約して加入する方法も当然あります。

もちろん、保険料を抑えて加入する方法は、知っておかないと比較検討のしようがないため、

今回取り上げる方法については、最低限押さえておくと、月々の保険料の節約につながっていくはずです。

今回は、できる限り保険料を抑えて加入する方法についてまとめていきます。

保険料を抑えるための加入方法について

保険料を抑えるためには、どの種類の保険に加入するのかという点はとても重要になります。

以下、保険料を抑えるための加入方法になります。

団体保険や共済保険

まずは、団体保険や共済保険ですね。

教員の福利厚生面で言えば、多くの団体が周りに存在し、各団体に保険が用意されています。

そういった身近にある団体保険を利用することで、割引適用を受け、比較的安価に保険に加入することが可能になります。

また、一般的にある共済保険を利用した保険加入もそうですね。

教員にも教職員共済をはじめとした共済保険がありますが、毎月の保険料が割安であることから、

比較検討しやすい保険商品の一つと言えます。

共済保険は、相互扶助がベースになっているため、会員に対して掛け金等が優遇されています。

民間保険であればネット保険

上記以外で、民間の保険会社を検討するということであれば、まずネット保険が考えられます。

ネット保険であれば、簡単に見積もりも算出出来て、かつ、全てオンラインで完結するため、

手軽さもあり、コスパよく加入することができます。

比較的、保障額が手厚い民間保険を中心に考え、なおかつ、迷ってしまうということであれば、

ネット保険を活用して、月々の保険料を抑えるというのも良いでしょう。

その他で保険料を抑える方法について

以上は、どの種類の保険に加入をすることで保険料を抑えることができるのか?という点で見ていきましたが、

次は、視点を変えて、どのような契約内容にすれば保険料を抑えることが出来るのか?という観点でみていきたいと思います。

非喫煙者割引や健康体割引の活用

まずは、近年契約手続きとして増えている非喫煙者割引健康体割引を活用する方法があげられます。

非喫煙者というのは、文字通り、

「煙草を吸わない方は割引をしますよ」

というものですね。

また、健康体というのは、

・BMI指数が標準値である。

・血圧が保険会社が定める基準値内である。

等、条件を満たせば割引を受けることができるというものです。

非喫煙者であり、なおかつ健康体で、どちらも満たしているという場合は、当然、割引率は大きくなります。

ただし、

・割引を用意している商品がまだ少ない。

・告知とあわせて、保険会社によっては健康診断の結果を提出する必要がある。

といった注意点もありますので、

検討する際は、各保険会社が案内する注意書きをよく読んで契約する必要があります。

支払方法で年払いを活用

二つ目の方法として、年払いの活用があります。

団体保険等は基本的に給与からの天引きになりますので、この方法を用いるというのは出来ないですが、

各個人で民間の保険会社等を利用して加入する場合は、支払方法を選択することができます。

その際に、毎月発生する保険料を、

月払い

半年払い

年払い

といったように、支払方法を選択して、一括で払うほど、保険料が割安になっていきます。

年間の保険料を一括で支払えるのであれば、まとめて支払った方が割安になるため、

保険料を抑えたいという方は、ぜひ、この方法を検討してみてください。

ただし、

・保険会社によっては支払方法を選択できない。

・年払いで契約したが途中で解約した場合は、残りの月数の払い込んだ保険料は戻ってこない

といった注意点もありますので、

検討する際は、上記のような注意点を押さえておいて下さいね。

教職員共済も半年払いや年払いがある

ちなみに、教職員共済についても、年払の支払い方法が選択できます。

もともとの掛け金が安い上に、毎月保険料を支払うより、年払いを選択すると、さらに保険料を抑えることができます。

上記の注意点を念頭に入れながら、比較検討してみるといいでしょう。

まとめ

今回は、保険料を節約するための方法についてみていきました。

上記の方法については、当然保険会社により異なるため、共通した方法とは言えませんが、

上記のような割引や方法を知っておくと、契約したい商品が見つけやすくなります。

ぜひ、保険加入を検討している方は、保険料を抑える方法を把握しつつ、比較検討してみてくださいね!

下記のメルマガでも詳しくお伝えしています↓

↓↓↓↓↓↓下記より詳しく↓↓↓↓↓↓

教員向けの保険についてより詳しく学んでみませんか?


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください