教員のライフプランにおける注意点について

教員が考えるライフプランと一般の会社員が考えるライフプランでは考え方が異なります。

特に、教員が考えるライフプランについては注意すべき項目があり、その項目をしっかり押さえておくことで、

無駄な支出を抑制することが可能になります。

今回は、教員がライフプランを考える上でどのような点に注意していけば良いのかということについて見ていきます。

教員のライフプランについて

教員のライフプランについては、以前こちらの記事にまとめていますのであわせてご覧ください↓

教員がライフプランを作成することでもたらすものとは?

2019年9月21日

こちらの記事では、教員がライフプランを作成することでもたらす効果を中心にまとめています。

今回は、教員がライフプランを考える場合の注意点に焦点をあてていきます。

この注意点を押さえておくことで、今後の生活でも無駄な支出を見直すことにつながり、

潜在的なリスクから回避することが可能になります。

注意すべき点はやはり保険?

では、教員がライフプランを考える際、どのような点に注意していけば良いのでしょうか?

そのキーワードは、このブログのメインテーマにもしている、

保険

です。

なぜ保険なのか?というと、やはり様々な種類の団体が存在し、保障も似通ったものが多いため、

どれに加入して良いか判断がつかず、気づけば重複した内容の保険に加入しているということが多いからです。

そのうちの一つに、民間の保険会社としてジブラルタ生命があります。

現在のジブラルタ生命の経緯について

現在、教職員の保険案内を中心に営業を行っている民間の会社としてジブラルタ生命があります。

なぜ、ジブラルタ生命が教職員を中心に案内しているのかというと、以前は、日本教育公務員弘済会の保険を協栄生命という保険会社が引き受け会社となっていましたが、

その保険会社が経営破綻をしたことにより、教職員の顧客基盤をそのままジブラルタ生命が引き継いだため、現在もジブラルタ生命の保険外交員が営業をおこなっているというわけです。

公務員の中でもかなり多い

上記のジブラルタ生命をはじめ、公務員の中でも教員という職種の周りには、数々の団体があり、いろんな保障内容の保険があります。

選択肢が多く、共済組合としての団体も多いため、掛け金が安いという理由で重複した内容の保険に加入してしまうというリスクもあります。

たとえ掛け金が安くても、重複した内容の保障に加入するのは、家計にとって長い目でみると負担になってくるため、

保険はできるだけ絞ってシンプルに加入する必要があります。

教員の各種保険について

ちなみに教員の各種保険をざっとあげてみると、

・教職員共済

・福祉保険制度(公立共済)

・共済定期保険(私学共済)

・アイリスプラン

・ジブラルタ生命の保険

・教弘保険

・学校生協のグループ共済(保険)

・互助会等のグループ共済(保険)

・その他の民間保険会社の保険

等、最後のその他民間保険会社まで視野に入れたらかなり多くなりますね。

ちなみに、教員の各種団体組織の違いについては、別の記事にまとめていますのであわせてご覧ください↓

教員の共済組合と各団体組織の違いについて把握しておきましょう!

2020年9月13日

教員は保険の見直し効果が高い

上記の各種団体による保険を挙げましたが、これは裏を返すと、

教員は保険による無駄な支出が生まれやすいという潜在的なリスクがあるが、その分保険の見直し効果が高い

と言えます。

ライフプランを考える場合は、将来的なライフイベント(結婚や出産、家の購入等)に備えて、

少しでも家計の負担を軽くして計画していくことが重要になってきます。

一般的に、家計の支出負担が大きいのは、住宅支出に次いで、保険にかかる費用といわれています。

そのような第二の支出と言われている、潜在的なリスクになりやすい保険にかかる費用を少しでも削ることが、家計の貯蓄体質を生み出していくことにつながっていきます。

既に保険に加入している方でも、裏を返すと見直し効果が高いと考えれば、重複した内容の保険はできるだけ早めに解約等の手段を取るべきでしょう。

リスクを知ることの重要性

今回は、教員の保険の多さによる重複した内容の保障保険に加入する潜在的なリスクがあるということをお伝えしましたが、

このリスクを押さえておくだけで、まだ保険に加入していない教員の方でも、今後の無駄な支出抑制につながっていきます。

手段を知るだけでなく、リスクがあるということを知っておくだけでも大きな効果があります。

今後、何かしらの保険加入を検討している方は特にご注意くださいね!

まとめ

今回は教員がライフプランを考える上での注意点についてみていきました。

特に、当ブログのメインテーマに掲げている保険が、教員の家計における潜在的リスクになりすいため、

今後、計画的に保険に加入していきたいという方は、今回の注意点はしっかり押さえておいてください。

これだけでも、今後発生しうる無駄な支出の予防につながっていきますので、

保険に既に加入している方も、重複した保障内容の保険に加入していないか、改めて確認してくださいね!

下記のメルマガでも詳しくお伝えしています↓

↓↓↓↓↓↓下記より詳しく↓↓↓↓↓↓

教員向けの保険についてより詳しく学んでみませんか?


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください