住宅ローンを組む前にすべきこととは??

結婚して子どもが育ち、いよいよ家を購入するという段階を経る家庭も多いと思います。

家は不動産という大きな買い物であり、それに対して現金で購入する世帯というのはあまりないかもしれません。

そういった時のために、金融機関が提供する

「住宅ローン」

というものがあります。

「家はローンを組めば買えるもの」

という認識は多いですが、家計収支に与える影響は計り知れず、

このライフイベントを通過するには、きちんとした生活設計を立てなければなりません。

今回は、住宅ローンを組む際にすべきことついてまとめたいと思います。

現在の住宅ローンについて

現在の住宅ローンは、超低金利で結べて、

「今がチャンス!」

と思えるような状況になっています。

変動金利になると1%以下で組めるような環境で、

このように金利が低いと、当然毎月の支払い額は下がります。

しかし、頭金もなく、ただ低金利につられて住宅ローンを組むのは、やはり高リスクを伴ってしまいます。

近年はネット銀行が多い

また、近年はネット銀行が力を入れていることもあり、

近場の銀行で住宅ローンを組むのではなく、

非対面でも、低コストでローンが組めるネット銀行による住宅ローンを利用する世帯も増えてきています。

こういった点は、銀行同士の競争を生み、消費者側に利益になりやすいため良い事ですが、

対面でないことも多いため、契約内容については、

「聞いてない!」

というトラブルも招くリスクもあるため、

貸し借りにおける契約内容についてはしっかり確認する必要があります。

住宅ローンは意外に組めない!?

住宅ローンについては、このようにネット銀行でも融資を受けることができるという点で、

近年ではローンを組む手段の幅が広がってきているわけですが、

ただ、住宅ローン自体も安易に組めるものでもないということは認識しておかなければなりません。

審査で落ちる

その理由として、

「住宅ローンの審査におちる」

というものがあります。

これは、貸す側が、収入力があるか?といった資力の点や、しっかり返す人なのかどうかという信用力の点等、

総合的に判断して融資の判断を行なっていきます。

そのような評価が足りなければ、住宅ローンにおける審査が通らないという事態になり、

結果的にお金を借りることが出来ないという状況に陥ってしまいます。

金利が高くなる

住宅ローンの審査に仮に通ったとしても、

「金利が高い」

状況で、住宅ローンの契約を結ぶことにもなってしまいます。

この点は、やはり貸す側も資力の点等で貸し倒れのリスクを背負うため、

金利を上げてでも審査に通すという形になります。

自営業者には厳しい

自営業者には、当然審査が厳しくなってしまいます。

なぜなら、

収入が安定する職業ではない

からです。

貸す側は、安定して返してくれるお客さんを好むので、

いくら業績がいい自営業者でも、数年後にはどのようになっているか分からないため、

金融機関は思い切って貸し出す姿勢を取りづらいという側面があります。

裏を返すと教員は借りやすい

反対に、教員は借りやすい部類に入ります。

公立学校であれば公務員としての地位を持ち、

私立学校でも、職業としては比較的安定した収入を得ることができるため、

貸す側も安心して融資を行う事ができるということです。

家を購入する場合は必ず生活設計を考える

家を購入する流れで住宅ローンを考える場合は、必ず、

今後の生活における家計収支を、家計全体から俯瞰して考える

必要があります。

借りてしまえば、毎月、数万円から10万円以上支払う場合も出てくることになり、

それにボーナス支払いを加えれば、一気に30,40万円程度払う状況にもなってきます。

これに対して家計で何も対策をとらなければ苦しくなるのは目に見えますね。

では、どのような対策をとれば良いでしょうか?

毎月の資金使途不明金を無くす

家計簿をつけるのも1つの手段になりますが、まず、

毎月の資金使途不明金を無くす

必要があります。

「この支出なんだっけ?」

というものが意外にあるものです。

最近では、キャッシュレス決済も普及してきて、

支払い履歴も随時確認する事が出来るようになってきたので、

「家計から毎月どの程度支出があるのか?」

という確認もしやすくなってきています。

このような毎月の支出だけでも明確にする必要があります。

それさえすれば、家計における資金使途不明金が消え、

どのようなものにお金を使っているかが明確になるので、

住宅ローンを組む場合でも、

「毎月〇〇円までなら大丈夫かな」

という目処も立てやすくなります。

毎月の収支が曖昧だと、住宅ローンの支払いがものすごく苦しくなるので、

ローンを組む前に、生活設計はきちんと確認しておく必要があると言えます。

まとめ

今回は、住宅ローンを組む前にすべき事について考えていきました。

住宅ローンは、今後定年を迎えるまで毎月の高額支出になるため、

家計が苦しくなる前に、どの程度の支出がちょうど家計収支にとって良いのか確認しておく必要があります。

その確認方法は、家計簿でも良いですし、

キャッシュレス決済を使っている方は、

毎月何にお金を支払い、いくら使っているのか?

という確認だけでもすると良いですね。

それをするだけでも、資金使途不明金を無くし、

家計全体に流れるお金の明瞭化を図る事ができます。

ぜひ、今自分自身でできることを、

身近なものでいいので実践していきましょう!

↓↓↓↓↓↓下記より詳しく↓↓↓↓↓↓

教員向けの保険についてより詳しく学んでみませんか?


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください