CATEGORY 日常生活

私学共済における子どもの扶養申請手続きについて

家族が一人、二人と増えていく場合に考える必要があるのが扶養です。 よく、 「扶養に入っている」 という言葉を聞くと思いますが、働いていない配偶者や子どもは、 収入がないので、働く本人の収入内で扶養に入ることで、 健康保険…

教員もマイナンバーカードを健康保険証として使おう!

みなさん、マイナンバーカードはもう取得されましたか? なかなか普及率が悪いようですが、取得するととても便利になります。 しかも、今月からマイナンバーカードが健康保険証の代わりとして、順次、医療機関で利用できるようになりま…

公立教員は雇用保険制度がない?どうすればよい?

教員は、公立学校と私立学校で大きく分かれますが、 公立学校の教員は公務員であるため、雇用保険に関しては少し事情が異なります。 今回は、一般企業とは異なる、教員の雇用保険事情について見ていきます。 そもそも雇用保険とは? …

幼稚園の先生が加入する健康保険について

幼稚園で勤める先生は、大きく 「公立幼稚園」と「私立幼稚園」 で分けることになります。 このブログでは、小学校~大学までの先生に関する記事内容が多いですが、 幼稚園の先生も公立学校共済組合員、あるいは、私立幼稚園の私学共…

保険証が使えない治療とは??その対策についても!

普段、財布等に携帯している保険証がありますが、この保険証は全ての治療において原則3割負担となるわけではありません。 今回は、どのような治療において保険証が使えないのか、 そしてその治療についてはどのように備えていけば良い…

生命保険料控除ってなに??

生命保険料控除という言葉を見たり、聞いたりする事ってありますよね?   一年に一回、必ず目にする機会があります。   それが、   「年末調整」   のとき。   この時に、生命保険料控除というものを利用して、出来るだけ…

教員も受け取れる健康保険限度額適用認定証とは?

公立学校共済組合や私学共済組合等に加入している方は、 公的医療保険を受ける資格を持っているわけなんですが、 医療費用が高額になると、 「高額療養費制度も利用できる」 というのは、以前、このブログでもお伝えしてきました。 …

教員が休んだ場合の病気休暇や休職、傷病手当金について

近年、労働時間の長期化により、教員が休職する問題が絶えません。 本当は元気に勤務継続することが一番ですが、使命感の高い職業柄であることもあり、真面目な先生程、休職を余儀なくされてしまいます。 そこで、休職した場合にはどの…