CATEGORY 老後生活

公立教員は雇用保険制度がない?どうすればよい?

教員は、公立学校と私立学校で大きく分かれますが、 公立学校の教員は公務員であるため、雇用保険に関しては少し事情が異なります。 今回は、一般企業とは異なる、教員の雇用保険事情について見ていきます。 そもそも雇用保険とは? …

教員が退職金を上手に使う3つの方法とは?注意点も!

教員の退職金は、一般的な企業でもらえる退職金と比較すると、 金額としては大きくなります。 例えば、定年後、一度に2,000万円もの金額を手にすると考えると、 その使い方次第で、その後の老後の生活も決まっていくと言えます。…

公立教員の退職後を支える医療制度(互助組合)について

公立教員は、各自治体ごとに互助組合に加入していると思いますが、この互助組合は退職後もいろいろとサポートしてくれる組織です。 その中の一つに医療事業がありますが、老後生活等を考慮して、多くの方が懸念される一つに、 「(定年…

教員1年目に考えるライフプランや資産管理について

新卒や、臨採・講師等で教員採用試験に合格した方等は、1年目は環境も大きく変わりやすいため、 本業の方が手一杯となり、なかなか自分の家計に目を向ける余裕がないですよね。 目まぐるしい1年を過ごす際にも、出来るだけ将来に向け…

iDeCoとつみたてNISAの違いとは?

将来を見据えた際のお金の備え方として、iDeCoとNISAという手法があります。 この手法は制度が出来てから歴史も浅いため、少しずつ浸透はしているものの、認知されていない場合が多いです。 特に、この二つは中身が似ているの…

教員を辞めた後の老後の医療費はどう考えるべき??

現職で働いている時は、加入している共済組合の存在により、 医療面についても手厚いサポートがありますが、 定年退職すると、その共済組合からも脱退することになります。 しかし、その共済組合を上手く使う方法や、医療面について現…

老後破産にならないために働く世代がすべきこと?

近年、老後破産や下流老人などの造語が言われるようになりました。 これは、老後にお金が足りなくなって破産間際に追い込まれたり、独居老人を中心に老後の生活が苦しくなることを指しますが、なぜこのような事態になるのでしょうか? …