終身保険の3つのリスクについて理解しておきましょう!

保険を契約するにあたって、終身型の契約にしたり、掛け捨て型の契約にしたりしますが、

どちらが良いという点より、終身型はメリットに目が行きがちになり、

デメリットに対して、なかなか認識出来ない事が多いです。

今回は、そのような終身型の保険リスクについて、より焦点をあててみていきます。

終身保険について

終身保険というのは、生命保険の中の1つの種類になります。

保険金が少し高くなる分、一生涯にわたって保障してくれます。

契約状況については、生命保険の種類について、他には定期保険や収入保障保険がありますが、

それらと比較して、終身型の保険に加入している方のほうが多い印象です。

特徴について

なんといっても、

貯蓄型

となっているため、解約してもお金が返ってくる事が特徴の1つですね。

そのため、他の契約と比べてお金が返ってくるという点も1つの魅力になり、

契約件数の多さに繋がっているように感じます。

しかし、以下にもあげますが、お金が返ってくる分、

早期の解約にはかなりのリスクが付くため、契約する時点では、その点を十分に考慮しなければならないということです。

外貨建ても人気の1つに

近年では、終身型の保険を利用して資産運用を考えている世帯も増えてきました。

昔は円での運用でも利率が良かったですが、低利率の影響もあり、

利率が高い外貨建てによる保険への加入が伸びています。

これにも多くのリスクが伴いますが、

それ以上に返戻率の高さにメリットを感じている方も多いのが現状です。

どのようなリスクが存在するのか?

終身型の保険については、今まで上げてきたように、お金が返ってくるという点が1つの魅力になっているため、

リスク面についてあまりフォーカスされずに契約されている事の方が多いです。

そのため、今後終身型の保険を考えている方は、以下のリスクをしっかり頭に入れて検討してみて下さい。

手数料がかかる

まず、契約時における手数料がかかるという点ですね。

契約時に保険を販売する代理店や銀行に対して、保険会社は手数料を支払うわけですが、

その手数料が契約時に販売手数料として反映されるため、保険を契約する際の手数料もかかる点には注意しなければならないと言えます。

特に、外貨建て保険については、円建て保険に比べてその手数料が多くかかるため、注意しなければならないです。

長期で契約を縛られる

2点目は、長期で契約を縛られるという点です。

これは、意外に見落としがちな点かもしれませんが、

一生涯にわたって保障するということは、契約も長期に渡ってしていく必要があると言えます。

そのため、毎月もしくは一時払いで保険会社に支払っている保険料は、

定年に近い年齢で返ってくるため、

直ちにお金を使いたい場合でも、利用する事が出来ないという事なんですね。

「では、使いたい時に解約すれば良いのでは?」

と考える事も出来ますが、終身保険の契約は、年数を追うごとに返戻金額も徐々に上がっていくため、

解約すると、それまで支払ってきた保険料を下回ることの方が多いです。

つまり、初期の段階で解約してしまうと、返ってくる金額もかなりの少額になってしまうため、

元本割れのような状況になってしまうという事です。

この点については、次の3つ目とも話しが繋がってきます。

早期に解約すると大きく損する場合がある!?

2つ目で、中途解約をすると損する事が多いということをお伝えしましたが、

特に、注意しなければならない特則もあり、それが、

低解約返戻金型

というものです。

これは、早期に解約すると少額しかお金が返ってこないというリスクを背負う分、

月々の支払い額を抑える特則の事を言います。

この特則は、あくまで長い目で契約する事を考えて付けているため、

保険会社側も、早期の解約リスクを防ぐためにも、この特則は契約継続には有効なものであると言えます。

ちなみに、低解約返戻金型については、下記の記事にまとめていますので、あわせてご覧ください。

終身保険に付く低解約返戻金型とは?学資保険の代わりにも使える!?

2019年7月28日

終身型の保険はメリットよりデメリットを意識して検討する!

終身型の保険のリスクについてみていきましたが、

今後契約を考えている方は、終身型のメリットより、上記のようなリスクを十分に考えた上で契約する事をお勧めします。

上のようなリスクを十分に理解していれば、保険契約に対する姿勢も変わり、

安易な契約を防ぐ事もできるため、

リスク承知で加入する事で、より長い目で保険を見ることができます。

まとめ

今回は、終身型の保険リスクについてみていきました。

終身型の保険は、そのまま契約していれば返ってくるとという内容のものであるため、

リスクより魅力の方が大きく映ってしまいます。

特に、外貨建ての終身保険などは高利率という点に引っ張られて、

なかなかデメリットに目が行きづらいものになっています。

そのため、契約する際は、上記に取り上げたリスクを十分に理解した上で行う事で、

双方が納得できる契約を結ぶ事ができますので、

ぜひ、今後考えている方は参考にしてみてくださいね!

p.s.教員の保険やお金事情に関するお得な情報は以下より配信しています。

↓↓↓↓↓↓下記より詳しく↓↓↓↓↓↓

教員向けの保険についてより詳しく学んでみませんか?


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください